ファッション

「ディーゼル」の2019年バレンタインはスペイン発キャンディーショップとコラボ

 「ディーゼル(DIESEL)」は、スペイン・バルセロナ発のキャンディーショップ「パパブブレ(PAPABUBBLE)」とコラボレーションした2019年バレンタイン限定セットを発売した。ハートやキツネのモチーフをデザインしたバレンタイン限定のアンダーウエアやソックスと、「パパブブレ」で人気のチョコレート “ロッキーロード”をカラフルなボックスに収めた。価格はアンダーウエアのセットが7020円(税込)、ソックスのセットが4860円(同)。販売期間は2月14日まで。

 「ディーゼル」ストアでは、チョコレートとボックス(3240円、同)に合わせるアイテムを自由に選ぶことができる。価格は選択アイテムに応じる。マシュマロとホワイトチョコレートを組み合わせたチョコレートは、「ディーゼル」オリジナルのフレーバーを用意。一部を除く「ディーゼル」ストアと「ディーゼル」アクセサリーストアおよび公式オンラインストアで販売する他、「パパブブレ」ルミネエスト新宿店やルクア大阪店、福岡店などでも取り扱う。またパルコ(PARCO)の札幌、浦和、パルコヤ上野、池袋、福岡の「ディーゼル」5店舗では、ブルーのパルコ限定カラーボックスを用意する。バレンタインセットは数量限定で、なくなり次第終了となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら