ニュース

「エムアイエムシー」の2019年春夏メイクは“ピンクづくし”!

 天然ミネラルや植物を使った国産スキンケア&メイクアップブランドの「エムアイエムシー(MIMC)」は2月6日、ピンクのカラーバリエーションをそろえた2019年春夏の新色を発売する。「ビオモイスチュアシャドー」「ビオモイスチュアチーク」「ミネラルカラーリップ」「ミネラルリキッドルージュ」に新色を追加し、新製品として「ミネラルムースシャドー」を加える。

 春夏のコレクションテーマは“ザ・パワー・オブ・ハート(The power of heart)”。女性が内に秘める生命のエネルギーを、ポジティブな印象に満ちたさまざまなトーンのピンクで表現した。新製品の「ミネラルムースシャドー」は、ムースのようなクッション性としっとりとした柔らかいテクスチャー、ふんわりとした色づきが特徴で、まぶたに密着して大粒のラメやパールが輝く。コレクションを使ったメイクアップのポイントは、アイ、チーク、リップのそれぞれのパーツに、輪郭を作らずにたたいてぼかし、内側からにじませるようにピンクカラーを施すこと。

 「エムアイエムシー」のメイクアップアイテムのクリエイティブ・ディレクターを務めるMICHIRUメイクアップアーティストは、「大人のピンクメイクが楽しめる“究極のピンク”ができあがった。これまでピンクが苦手だった人も手に取ってほしい」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら