ニュース

素肌と一体感のあるメイクアップ 「MIMC」が秋冬の新作コレクションを発売

 メイクアップブランド「MIMC」は8月8日、秋冬の新作コレクションを発売する。

 しっとりとした質感の「ビオモイスチュアシャドー」(新2色、各3800円)は、ゴールデンコーラルとブロンズブラウンの「ボレロ」、スキンベージュとグレイッシュオリーブの「ディープエモーション」の2色をそろえる。いずれのカラーも素肌の延長のように色づき、ソフトながらも奥行きのある表情を演出する。また、アサイーやローズヒップといったフルーツオイルを配合したことにより、デリケートなまぶたに潤を与え、目元のハリと輝きをかなえる。

 「ミネラルアイライナー」(新1色、2800円)は、日本人の黄みがかった肌や漆黒のまつ毛、一重や奥二重などの目元にもなじみやすい、深くクリアな発色のカーキカラー。ポリマー不使用のナチュラル成分100%でありながら、にじみにくいフィット力と滑らかな描き心地を備える。

 その他、素の唇が美しくなったような印象を与える自然なベージュカラーの「ミネラルリキッドルージュ」(全2色、各3200円)や、ノンパールで肌なじみのいい「ミネラルクリーミーチーク」(新1色、3300円)など、肌温度が伝わるようなメイクアップアイテムを発売する。

 さらに、毎年秋冬に期間限定で販売している「美白ルースパウダー」(9g、9250円)も登場。夏の強力な紫外線を浴びた肌をケアしながら、秋冬らしい白肌へトーンアップさせる美容液パウダーだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら