ファッション

白幡啓の「スタイリング/」と村山靖行の「フラグスタフ」がコラボ ユニセックスの2点発売

 スタイリストの白幡啓がディレクターを務めるマッシュスタイルラボの「スタイリング/(STYLING/)」が、村山靖行デザイナーによるメンズブランド「フラグスタフ(F-LAGSTUF-F)」とコラボレーションし、ユニセックスのウエア2点を発売する。「スタイリング/」初のメンズブランドとのコラボになる。9月15日に「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT 2018(ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト 2018)」が行われる表参道ヒルズ店で先行発売し、22日からは「スタイリング/」全店舗と公式オンラインサイト、マッシュスタイルラボECサイトの「ウサギオンライン」で取り扱う。

 商品はフーディー(1万8000円)とTシャツ(9000円)で、背中にグラフィカルな転写プリント、袖や胸元にロゴをそれぞれあしらっている。ストリートなテイストながら、「スタイリング/」ではスリップドレスやフレアスカートとのミックススタイルを提案する。

 「フラグスタフ」は2014年にスタート。“Impartial to everything(何もとらわれないボーダーレスなモノ作り)“をコンセプトに、1980〜90年代のカルチャーからインスピレーションを得たグラフィックを特徴とする。「ミスターポーター(MR PORTER)」やロンドンのセレクトショップ、グッドフッド(GOODHOOD)、パリのセレクトショップ、メルシー(MERCI)などで販売されている。

 白幡は「『フラグスタフ』を知ったのは、女性誌の『イケてるスエット特集』でリースしたとき。日本人にしかわからない少々過激なスラングが私にはとってもキャッチーに感じた。よく、彼氏に借りたようなサイズ感で着る“彼シャツ”や“彼デニム”とか言うが、今回のコラボアイテムは、“彼T”“彼スエット”そして“彼ブランド”。私の憧れの海外のオシャレ女子やスナップされているかわいい女の子に、すぐになれそうなブランドと出合えた」とコメント。

[related post="242618" title="白幡啓の新業態「スタイリング/」が表参道、大阪、新宿に "キッチン"をコンセプトに野村訓市が内装デザイン"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「職種別DXのトリセツ」でDXを自分ごと化せよ!

WWDJAPAN」1月23日号は、毎年恒例のテック特集です。今年のテーマは“職種別DXのトリセツ“。DX(デジタル・トランスフォーメーション)と聞くと、システムやデータに携わる人が進めるもの、とイメージするかもしれませんが、一人一人が自分ごと化し、日々の業務を見直すことが、DXの本質です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。