ファッション

シンガポール発「チャールズ&キース」が渋谷に3店舗目をオープン

 シンガポール発のバッグ&シューズブランド「チャールズ&キース(CHARLES & KEITH)」は8日、渋谷・スペイン坂に3店舗目を出店する。

 渋谷のスペイン坂という立地に出店した理由について山本大斗「チャールズ&キース」リテール・オペレーション・マネジャーは、「スペイン坂は駅から来年リニューアルオープンするパルコへの導線になる道。当社がターゲットとしている客層が多く訪れることを見込んで出店を決めた」と話す。

 約40坪の売り場にバッグやシューズ、ウォレットなどのアクセサリーをそろえ、オープンを記念した限定アイテムも発売する。さらに、モデル・イラストレーターの田中シェンとコラボしたオープン記念のノベルティトートバッグを配布する他、インスタグラムを利用して田中シェンがペインティングしたバッグが当たるキャンペーンも実施する。

 2019年春ごろにはさらにもう1店舗、都内に新規出店することが決まっているという。山本リテール・オペレーション・マネジャーは、「まずは主要都市に出店し、『チャールズ&キース』はトレンドを押さえたアイテムを展開するブランドだという認知度を高めていく」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら