ファッション

「プーマ」とセレーナ・ゴメスの初コレクションが登場 テーマは“強い女性”

 「プーマ(PUMA)」は、米女優で歌手のセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)とのコラボコレクションを12月12日に発売する。2017年9月に長期パートナーシップ契約を結んでから、コラボアイテムを発売するのは今回が初めて。「プーマ」直営店舗と公式オンラインストア、一部の「プーマ」取り扱い店で販売する。

 ファーストシーズンのテーマは、セレーナの思想とイニシャルを掛け合わせた“Strong Girl”で、親しみやすくも妥協を許さない強い女性のイメージを現代女性に向けてアレンジした。スニーカー“SG Runner”(1万3000円)は軽量でフィット感のあるニットアッパーを採用し、「プーマ」のクラシカルなランニングシューズと80~90年代のLA要素をミックスさせた。またブラックメタルのバックルにローズゴールドのチェーンが付いた“Defy”シリーズの新作“Defy Mid×SG”(1万3000円)の他、ベロア素材の“JUMPSUIT”(1万)や裏起毛のフーディー“FZ HOODIE”(1万3000円)、ストレッチ素材のタイツ“7/8 TIGHT”(8500円)もラインアップする。

 セレーナはコレクションについて「私自身いつも意識して、強くあろうと心掛けている。今回は“Strong Girl”にそのメッセージを込め、女性たちにセクシーさとパワーを与えられるコレクションに仕上げた。コレクションのピース全てが本当に大好きで、とても気に入っている。手にしてくれた皆さんが、自分の内にある強さに気付いてくれるとうれしい」と語った。

 またコレクションのプロモーションには、今回のテーマにふさわしいパワフルさを兼ね備えたアーティストのダナ・ベラルティ(Dana Veraldi)やケイティ・マカーディ(Katie Mccurdy)の他、セレーナの友人たちも参加した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら