ファッション

デジタルに特化したファッション編集者を育成する「編集のがっこう」開講 第一期生を募集中

 ファッション業界のコンテンツ・マーケティングを支援するポマーロ(高橋崇之・社長)は、ワールドなどの協力を受け、ブランドサイトやオウンドメディア、SNS運用などファッション関連のデジタル・コンテンツに特化した編集者を育成するプロジェクト「編集のがっこう」をスタートする。12月6日に第一期「編集のがっこう」を開講。11月30日まで受講生を募集している。募集人員は10人で受講料は10万円。

 1回90分、全12回の講義を核とする「編集のがっこう」では、「エル・ガール オンライン(ELLEgirl ONLINE)」の編集長を務めた後、ファッションアプリ「iQON」を運営するヴァシリー(当時)で「アイコンマガジン(IQONmagazine)」を立ち上げた澄川恭子ポマーロ取締役がメーン講師を担当。「WWD JAPAN.com」の村上要・編集長らがゲスト講師を務める。

 講義では、ファッション関連のデジタルコンテンツに特化した編集者としての心構え、企画の作り方、デジタル時代に合ったファッション・コンテンツならではの編集力、最新の動向などを学ぶ。「WWD JAPAN.com」への記事掲載や、来年3月にローンチ予定の新規コンセプトプロジェクト「スネイルズ(snails)」への参画も可能だ。「スネイルズ」についての概要は11月10日、明らかになる予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら