ニュース

型破りな人材を育成する「カタヤブル学校」開校 伊藤忠ファッションシステムがプロデュース

 伊藤忠ファッションシステムと、同社が母体の「生活と地続きにある未来のライフスタイル」を作り出すifs未来研究所は9月、常識的な型や方法にハマらない、常識を超えたやり方・考え方に挑戦する型破りな人間を育成する「カタヤブル学校」を開校する。エルメス(HERMES)本社の副社長を務めた斎藤峰明シーナリーインターナショナル代表や、嶋浩一郎・博報堂ケトル社長、澤田貴司ファミリーマート社長、松嶋啓介KEISUKE MATSUSHIMA総料理長などが講師陣を務める、月1回の講座を年間12回、有償で開催する予定。1年間の受講期間中には、課外授業も予定している。具体的なスケジュールや受講料は、追って発表の予定だ。

 同校のコンセプトは、“仕事の「感」と「勘」を磨く”。会社の枠組みや自分の思い込みにとらわれ、新しい発想が生み出せない現状を打破し、具体的な課題解決に取り組む「実戦」を学ぶことで、知識やノウハウを詰め込むのではなく、“センスや勘どころ”を育て、磨くことを狙う。校長には、川島蓉子ifs未来研究所所長が就き、フリージャーナリストの林信行が副校長としてサポートする。林・副校長は、最新のテクノロジーやデザインが人々の暮らしぶりや社会をどう変えるかをテーマに取材を続けている。

 同校は“体験入学イベント”として8月25日、新井良亮ルミネ(LUMINE)相談役と、寺尾玄バルミューダ社長の「カタヤブル人生」を聞くイベントを開催する。川島蓉子・校長が、従来の型を次々破ってきた2人の過程や失敗、悩み、迷いなどを聞く。

■カタヤブル学校 体験入学イベント
日程:8月25日
時間:16:00〜18:30(15:30開場)
場所:カタヤブル学校
住所:東京都港区北青山2-3-1 伊藤忠ガーデン2階
参加料:2000円

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら