ファッション

“ザ・ノースフェイス パープルレーベル”が米映画監督スパイク・ジョーンズとコラボ

 「ナナミカ(NANAMICA)」は11月10日、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」との協業コレクション“ザ・ノースフェイス パープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)”から米映画監督のスパイク・ジョーンズ(Spike Jonze)とコラボレートした2種類のトラベルバッグを発売する。ブリーフケース、ショルダーバッグ、バックパックとして使用できる“3ウェイバッグ”(3万5000円)と機内持ち込みサイズ規格の2輪ローラーバッグ“シャトルローラー”(4万6000円)をベースに、スパイク監修によるイタリア製のオリジナルチェック素材をあしらった。「ナナミカ」直営店と一部店舗でのみ販売する。

 スパイクは「母はいつも『ザ・ノース・フェイス』のバックパックを背負っていて、私はいつも後ろを歩いてそのロゴを見ていた。2年前に東京でそのハーフドーム(ブランドのマーク)を見た時、全てがよみがえってきた。そして今、チェック柄のバックパックに母の鞄と同じロゴが入ったものができた。任務完了です」と語った。

 1999年に映画監督デビューしたスパイクは、2003年「アダプテーション(Adaptation)」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。代表作は「かいじゅうたちのいるところ」や「her/世界でひとつの彼女」など。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら