ファッション

ベイクルーズが初のテレビCM 村上虹郎とSUMIREを起用

 ベイクルーズグループは、初のテレビCMを11月7日から放映する。「ベイクルーズグループ40周年プロジェクト」の一環として、俳優の村上虹郎とモデルで女優のSUMIREを起用して製作した。

 CMのテーマは、40周年という節目に際し新たに製作したタグライン“NOT SMART, BUT CREATIVE”。これは、クリエイティブは決してスマートには生まれないというグループの原点に立ち返ったもので、全国7都市で社員向けに開催したワークショップから決定した。ワークショップでは、ベイクルーズらしさを表す言葉として、こだわり、職人、不器用、シャイなど、一見するとスマートではない言葉が挙がったという。

 CMは、相反する2つの価値がぶつかり新たな価値が生まれる様子を表現。音楽には、村上の母親で歌手のUAの楽曲「太陽手に月は心の両手に」を、SUMIREの父親で俳優の浅野忠信がボーカルを務めるバンドSODA!がカバーした特別バージョンを用いた。

 CMの放映に合わせ、出演者へのインタビュー映像も公開した。タグラインになぞらえ村上は、「情報があふれる現代では、スマートにならないと生きづらいけどスマート過ぎてもいけない。クリエイティブの瞬間に、すごく不器用で純粋になれるのが理想です」とコメント。SUMIREは「スマートに演技をしている自分はイメージできない。もっと自分のスタイルを固めていきたい」と語る。

 1977年に創業したベイクルーズグループは、アパレルから飲食事業、インテリア事業まで、ライフスタイルにまつわる事業を幅広く展開。現在、全国に370店舗以上を構え、従業員5000人以上を抱える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら