ファッション

ベイクルーズが初のテレビCM 村上虹郎とSUMIREを起用

 ベイクルーズグループは、初のテレビCMを11月7日から放映する。「ベイクルーズグループ40周年プロジェクト」の一環として、俳優の村上虹郎とモデルで女優のSUMIREを起用して製作した。

 CMのテーマは、40周年という節目に際し新たに製作したタグライン“NOT SMART, BUT CREATIVE”。これは、クリエイティブは決してスマートには生まれないというグループの原点に立ち返ったもので、全国7都市で社員向けに開催したワークショップから決定した。ワークショップでは、ベイクルーズらしさを表す言葉として、こだわり、職人、不器用、シャイなど、一見するとスマートではない言葉が挙がったという。

 CMは、相反する2つの価値がぶつかり新たな価値が生まれる様子を表現。音楽には、村上の母親で歌手のUAの楽曲「太陽手に月は心の両手に」を、SUMIREの父親で俳優の浅野忠信がボーカルを務めるバンドSODA!がカバーした特別バージョンを用いた。

 CMの放映に合わせ、出演者へのインタビュー映像も公開した。タグラインになぞらえ村上は、「情報があふれる現代では、スマートにならないと生きづらいけどスマート過ぎてもいけない。クリエイティブの瞬間に、すごく不器用で純粋になれるのが理想です」とコメント。SUMIREは「スマートに演技をしている自分はイメージできない。もっと自分のスタイルを固めていきたい」と語る。

 1977年に創業したベイクルーズグループは、アパレルから飲食事業、インテリア事業まで、ライフスタイルにまつわる事業を幅広く展開。現在、全国に370店舗以上を構え、従業員5000人以上を抱える。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら