ビジネス

ゴールドウインの絶好調を支える「ザ・ノース・フェイス」 強みは日本企画の幅広い取り組み

 ゴールドウインの勢いが止まらない。同社の2018年3月期決算は、売上高が前期比15.6%増の704億円、営業利益は同81.6%増の71億円だった。売上高は8期連続の増収、営業利益は10期連続の増益で25年ぶりに最高益を更新した。同社の好調を支えるのはここ数年2ケタ成長を続けている「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」だ。ゴールドウインは1978年に「ザ・ノース・フェイス」の輸入販売を開始し、94年には国内商標権を買い取って、独自の商品開発を行っている。防寒着を中心としたアウトドアウエアに軸足を置きながらも、「ハイク(HYKE)」などのファッションブランドとのコラボレーションや、カジュアルに重点を置いた「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)」を通じてターゲット層の拡大を図っている。全国のショッピングセンターなどに直営店を数多く出店して消費者との接点を増やしていることも、商品が浸透した大きな要因だ。寒さが増すこれからの季節に目にすることが増えると思われる「ザ・ノース・フェイス」の近年の動向をまとめた。

街着として定着 ブームに危機感

アスレチック事業の中核ブランド確立が課題

ゴールドウイン2018年4〜6月期連結決算

ゴールドウイン2018年3月期決算

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら