フォーカス

「ヴェトモン」旋風が去った今、ジョージアのファッション産業に成長の見込みはあるか?

 10月18〜21日にトビリシ・ファッション・ウイークが開催された。これはメルセデス・ベンツが協賛するファッション・ウイークとは別で、ジョージア政府観光局がスポンサーを務める催し物。主催者からの招待を受けた約20人のインターナショナルゲストは、伊・英「ヴォーグ(Vogue)」、ウクライナ「ロフィシャル(L’official)」、カザフスタン「ブーロ24/7(Buro 24/7)」などのジャーナリストと、韓国発でパリにも出店するトム グレイハウンド(Tom Greyhound)のバイヤーら、日本の媒体に寄稿するのは筆者一人だった。

 ジョージア(旧グルジア)といえばデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)「バレンシアガ(BALENCIAGA)」アーティスティック・ディレクター兼「ヴェトモン(VETEMENTS)」ヘッド・デザイナーの出身国として注目を集めた国だ。筆者にとっては初めて訪れる国で知識もなかったが、この15年ほどでの国の成長は著しく、ファッション以外にも興味を引かれた。「ヴェトモン」旋風が去った今、この地のファッション産業に成長の見込みはあるのかを現地で探ってみた。
 
 1991年にソビエト連邦から独立してからの国の転換期は、2004年のミヘイル・サアカシュヴィリ(Mikheil Saakashvili)元大統領の就任によって、共産主義から超自由主義へと路線が変わったことのようだ。共産主義時代、起業するのに必要だった800ものライセンスや許認可をすべて廃止され、さらに22種類もの複雑な税制は6種類のシンプルなものになった。民営化や国家公務員の削減も進められ、就任から9年後の2013年にはGDPを3倍へと伸ばしたのだ。現在はフラットタックス(所得にかかわらず同じ税率を課す税制)が導入され、法人税は15%、所得税は20%で、2007年には公的年金制度を廃止し社会税もなくなった。経済の自由度が上がったことが、ジョージアのファッションシーンが盛り上がってきた要因の一つだろう。