ファッション

ザ・ウォールがジョージアの「アヌーキ」の輸入・販売を開始

 ザ・ウォールは2017年プレ・スプリングからジョージア・トビリシの「アヌーキ(ANOUKI)」の輸入・販売を開始した。「アヌーキ」はマランゴーニなどでファッションデザインとスタイリング、コンサルティングを学んだ元モデルのアヌーキ・アレシズ(Anouki Areshidze)が2013年にローンチ。伊「ヴォーグ」がフィーチャーするなど、今注目を集めているジョージア(旧グルジア)の首都トビリシをベースするブランドだ。2017年プレ・スプリングからは、ジョージア国内に構えた自社工場で生産する。

 パステルなどのファンシーカラーに花柄やビジューを刺しゅうし、さらにラッフルやフリルを飾ったドリーミーなデザインが特徴だ。また、オフショルダーや肩をカットアウトしたデザイン、アシンメトリーなシャツやボリュームボトムスといった時代に合ったアイテムも多い。価格帯は、トップスが4万~5万5000円、ドレスが7万~9万円、ボトムスが3万~4万円、アウターが10万〜12万、シューズが4万5000~6万5000円。デザイナーのアヌーキは、「コンセプトは顧客の“自分らしさ”を引き出すこと。ありきたりではなく女性にとって特別な瞬間を重視し、新しくワクワクできるものを提案したい」とコメント。長谷川順啓ザ・ウォール社長は「これまでメジャーな国のブランドを多く扱ってきたが、他にはないデザインを探し、今、注目を集める東欧にも目を向け『アヌーキ』を見つけた。東欧は西欧に比べ価格も控えめな点も魅力。『アヌーキ』は刺しゅうなどのハンドメードを得意とし、店の個性に合わせてカスタマイズすることもできるので、ショップのエクスクルーシブアイテムにも対応でき小回りもきく」と期待を寄せる。

anouki

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら