ファッション

ジョージアンは手仕事系がお得意?

 連載最終回は、メルセデス・ファッション・ウイーク・トビリシ(MBFWT)で、日本のマーケットでもウケそうなブランドをいくつか紹介します。

 1つ目は元モデルのアヌーキ・アレシズの手掛ける「アヌーキ(ANOUKI)」。「アヌーキ」を着てショーに来場するオシャレな女の子たちがたくさんいて、会場はかなり盛り上がっていました。2013年にローンチし、すでにジョージアに2件ショップを構えています。なぜそんなに資金が潤沢なのかというと、旦那さんがフットボール選手だそうで。ジョージアのヴィクトリア・ベッカムとでも言いましょうか。アヌーキ自身もともとファッションに興味があり、マラゴリーニなどでファッションデザインやファッションビジネスを学んでいて、ヴィクトリア同様“美人奥様の暇つぶし”的な様子は全くなく、オリジナリティーを探求し、ビジネスにつなげようとしている印象でした。卸先は、リナシェンテ、ジョイス、伊勢丹など世界各国に約30。日本では、17年プレ・スプリングからザ・ウォールが輸入販売を始めます。日本での価格帯は、トップスが4万〜5万5000円、ドレスが7万〜9万円、ボトムスが3万〜4万円程度。

 アヌーキはまだ26歳で、デザインも若さが溢れそうなほどピチピチしていて勢いがある。パステルをキーカラーにしたキッチュなデザインにジョージアお得意の?刺しゅうやアップリケを加えて、キッチュさと凝った手仕事のバランスが面白いなと感じました。2017年春夏からは自社工場での生産が始まるとあり、着々とビジネスの基盤を整えている印象です。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら