ファッション

デムナ・ヴァザリアの故郷・旧グルジアはどんなところ?

 「ヴェトモン」でファッション業界に大旋風を起こし、「バレンシアガ」のクリエイティブ・ディレクターに抜擢されたデムナ・ヴァザリアの故郷、ジョージア(旧グルジア)を知っていますか?

 デムナを筆頭にロシアのゴーシャ・ラブチンスキーなど旧ソビエト連邦出身のデザイナーが頭角を現し、今、旧ソ連の国々に注目が集まっています。とはいえ、どんなところかと調べようとしても、日本で情報を得るのがまだまだ難しく、どうしたものかと頭を抱えていたら、ジョージアの首都・トビリシでメルセデスベンツが冠スポンサーのファッション・ウイークが11月3〜7日まで開催されると聞き、訪れることにしました。

 ジョージアは、北にロシア、東にアゼルバイジャン、その先にカスピ海、南にトルコやアルメニア、西は黒海に面した小さな国です。1991年に旧ソ連から独立。ちなみ旧ソ連の最高指導者のヨシフ・スターリンの出身地でもあります。面積は6万7900平方メートル、人口は、約370万人(2014年)。日本からの直行便はなく、イスタンブール、モスクワ、ミュンヘンのいずれかで乗り換えます。昨年から旅行で訪れる程度の滞在ではビザは必要なくなり、通貨は、ジョージアラリGEL(1GEL=約50円)。レア通貨のため、日本で換金できず現地で換金しました。物価は、タクシーの初乗りが3GEL(約150円)、レストランで500mlの水を頼むと3 GEL(約150円)、コーヒーが6GEL(約300円)ワイン1杯が8 GEL(約400円)という感じで、安いです。言語はグルジア語。若者は英語が話せますが、タクシーの運転手のおじさんは話せません。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら