ファッション

「イヴ・サンローラン」のビンテージが蘇るバーチャルショー開催

 日本服飾文化振興財団は12月10〜25日、「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」のビンテージアイテムを現代的にスタイリングして映像に収めた「オールドコレクション展示会〜私のイヴ・サンローラン〜」を東京・銀座のポーラミュージアムアネックスで開催する。同財団は、1970年代初頭から80年代初頭にかけて作られた、スモーキングスーツやサファリルックなど約180着の「イヴ・サンローラン」のビンテージを所有。イベントのために今市場で売られているアイテムとミックススタリングし、映像に収めた「バーチャルファッションショー」を開催する。ショーの総合演出は、ファッションイベントの企画制作会社DRUMCANとスタイリストの亘つぐみが行う。開催にあわせ、ショーのスタイリングの中から厳選した12体も展示する。「イヴ・サンローラン」のビンテージアイテムは普段、財団が運営する東京・赤坂の服飾資料館で一般公開している。

 日本服飾文化振興財団は、14年に服飾に関する知識の普及と服飾文化の伝承を目的に重松理ユナイテッドアローズ名誉会長が設立した。服飾資料館の運営や講演会・セミナー、若手デザイナーの助成活動などを行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら