ファッション

「ディオール」の新メンズ広告キャンペーン キム・ジョーンズが再びカウズとタッグ

 「ディオール(DIOR)」が、メンズの広告キャンペーンでアーティストのカウズ(KAWS)と再びコラボレーションする。カウズは「ディオール」2019年春夏パリ・メンズ・コレクションで、7万本のバラの花で作ったムッシュ・ディオールの巨大なアバターを会場に登場させた。

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ・アーティスティック・ディレクターは、「19年春夏コレクションの世界観をキャンペーンに反映させた」とし、カウズについては「スーパーシックな人だ。彼の作品は多くの人を引き付ける」とコメントした。

 スティーブン・マイゼル(Steven Meisel)が撮影した広告には、カウズの作品を背景にリラックスした雰囲気のスーツや高級感のあるスポーツウエア、カウズによるミツバチのイラストがポイントのカジュアルウエアなどを着こなすモデルが登場。11月23日から公式ホームページ内の特設サイトで予約開始予定。28日から伊勢丹新宿本店メンズ館にオープンするポップアップストアで世界先行で販売する。翌日の29日、ハウス オブ ディオール ギンザ(House of Dior Ginza)で発売し、日本限定アイテムも同時展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。