ファッション

キム・ジョーンズによる「ディオール オム」がカウズとのコラボプロジェクトを発表

 4月1日付けでキム・ジョーンズ(Kim Jones)が新クリエイティブ・ディレクターに就任した「ディオール オム(DIOR HOMME)」が、6月23日に発表する2019年春夏コレクション内でアーティストのカウズ(KAWS)とのコラボプロジェクトを披露することを発表した。

 「ディオール」のインスタグラムには「#DIORXKAWS」のハッシュタグと共に、カウズのアイコニックな“XX”の目になった「ディオール オム」のアイコン“ハチ”の動画が投稿され、カウズも自身のインスタグラムで「キム・ジョーンズと『ディオール』と新たなプロジェクトを始めることができてうれしい」とコメント。コレクション内ではコラボTシャツやジュエリーなどが発表される可能性が高い。

 コラボプロジェクトの発表を受け、コレット(Colette)のクリエイティブ・ディレクターを務めていたサラ・アンデルマン(Sarah Andelman)をはじめ、SNSでは発表の詳細を待ち望む声を多数見ることができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら