ファッション

キム・ジョーンズによる「ディオール オム」がカウズとのコラボプロジェクトを発表

 4月1日付けでキム・ジョーンズ(Kim Jones)が新クリエイティブ・ディレクターに就任した「ディオール オム(DIOR HOMME)」が、6月23日に発表する2019年春夏コレクション内でアーティストのカウズ(KAWS)とのコラボプロジェクトを披露することを発表した。

 「ディオール」のインスタグラムには「#DIORXKAWS」のハッシュタグと共に、カウズのアイコニックな“XX”の目になった「ディオール オム」のアイコン“ハチ”の動画が投稿され、カウズも自身のインスタグラムで「キム・ジョーンズと『ディオール』と新たなプロジェクトを始めることができてうれしい」とコメント。コレクション内ではコラボTシャツやジュエリーなどが発表される可能性が高い。

 コラボプロジェクトの発表を受け、コレット(Colette)のクリエイティブ・ディレクターを務めていたサラ・アンデルマン(Sarah Andelman)をはじめ、SNSでは発表の詳細を待ち望む声を多数見ることができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら