ニュース

ジョンソン・エンド・ジョンソンが「ドクターシーラボ」のシーズHDを買収

 米ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson以下、J & J)は、ビューティブランド「ドクターシーラボ(DR.CI:LABO)」やエステティックサロンを手掛けるシーズ・ホールディングス(以下、シーズHD)を買収する。両社が10月23日、発表した。J & Jは2018年10月29日~19年1月10日にかけてTOB(株式公開買い付け)を実施。1株当たり5900円、総額約1500億円で買い付けを行う他、創業者で筆頭株主の城野親徳・会長らの保有株式を約800億円で取得し、子会社化する。

 両社は16年に海外事業展開を中心とした資本業務提携を締結し、J & J主導のもと、主にアジア圏を対象とした広告宣伝活動を積極的に実施してきた。シーズHDはJ & Jの傘下に入ることで、高価格製品の新規開発や研究などへの積極的な投資が可能になる他、J & Jの販売網を活用したグローバル展開を推し進める。また、J & Jは国内通販登録会員1258万人(18年7月期末)を抱えるシーズHDの顧客管理データベースを活用することで、アジア太平洋地域を中心としたオンライン販売網を構築・強化する。

 シーズHD(前ドクターシーラボ)は1999年に設立。スキンケアが1ステップで完了する「ドクターシーラボ」のオールインワンゲル「アクアコラーゲンゲル」がヒットし、事業の礎を築いた。他に「ラボラボ(LABOLABO)」「ジェノマー(GENOMER)」などのブランドも展開しており、18年7月期(17年8月~18年7月)の売上高は430億円、営業利益は84億円だった。城野会長は、名誉会長兼上級相談役に退く。