ビジネス

資生堂傘下「ベアミネラル」が原点回帰で再起図る ジャスティンの婚約者らをキャンペーンに起用

 2010年に資生堂の傘下に入ってから不調が続く「ベアミネラル(BAREMINERALS)」だが、創業時からのテーマである“クリーン”を前面に出したキャンペーンで再起を図る。

 ジル・スカラマンドル(Jill Scalamandre)=ベアエッセンシャル(BARE ESCENTUALS)社長は「われわれのブランドはもういちど原点に戻り再出発する。クリーンであることが求められている今こそ、『ベアミネラル』が持つクリーンさを打ち出していく」と語り、18カ月後には成長することを目指す。業界筋によると、昨年の売上高は前年比5%減だった。

 18年夏から、映画「ブラックパンサー」で注目された女優レティーシャ・ライト(Letitia Wright) を起用して“パワー・オブ・グッド(The Power of Good)”キャンペーンを打ち出し中だが、さらにジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)との電撃婚約でも注目されるモデルのヘイリー・ボールドウィン(Hailey Baldwin)とモデルで女優のロージー・ハンティントン・ホワイトリー(Rosie Huntington-Whiteley)も加え、クリーンなライフスタイルに焦点を当てたキャンペーンを展開する。またボールドウィンとハンティントン・ホワイトリーは、19年のキャンペーン“フル・オブ、フリー・オブ(Full of, Free of)”にも登場する予定だ。

 プロモーションに起用された3人はSNSですでに多くのフォロワー数を持つ。「ベアミネラル」はそこを活用する。ボールドウィンのインスタグラムのフォロワー数は1470万で、ハンティントン・ホワイトリーは840万、ライトは140万だ。

 また「ベアミネラル」は米カリフォルニア出身の人気メイクアップアーティスト、ニッキ・デルースト(Nikki DeRoest)をブランド初のオフィシャル・メイクアップアーティストに任命し、製品の販売促進やSNSでのプロモーション、そして社内教育にも力を入れる。11月にはイギリスで、デルーストと共にインフルエンサーを対象としたイベントを2日間にわたり開催し、ウエルネスについての座談会などを行う。

 昨年、北米100店舗の閉店が明らかになったが、継続する80店舗については19年中に改装する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。