ビジネス

資生堂傘下「ベアミネラル」が原点回帰で再起図る ジャスティンの婚約者らをキャンペーンに起用

 2010年に資生堂の傘下に入ってから不調が続く「ベアミネラル(BAREMINERALS)」だが、創業時からのテーマである“クリーン”を前面に出したキャンペーンで再起を図る。

 ジル・スカラマンドル(Jill Scalamandre)=ベアエッセンシャル(BARE ESCENTUALS)社長は「われわれのブランドはもういちど原点に戻り再出発する。クリーンであることが求められている今こそ、『ベアミネラル』が持つクリーンさを打ち出していく」と語り、18カ月後には成長することを目指す。業界筋によると、昨年の売上高は前年比5%減だった。

 18年夏から、映画「ブラックパンサー」で注目された女優レティーシャ・ライト(Letitia Wright) を起用して“パワー・オブ・グッド(The Power of Good)”キャンペーンを打ち出し中だが、さらにジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)との電撃婚約でも注目されるモデルのヘイリー・ボールドウィン(Hailey Baldwin)とモデルで女優のロージー・ハンティントン・ホワイトリー(Rosie Huntington-Whiteley)も加え、クリーンなライフスタイルに焦点を当てたキャンペーンを展開する。またボールドウィンとハンティントン・ホワイトリーは、19年のキャンペーン“フル・オブ、フリー・オブ(Full of, Free of)”にも登場する予定だ。

 プロモーションに起用された3人はSNSですでに多くのフォロワー数を持つ。「ベアミネラル」はそこを活用する。ボールドウィンのインスタグラムのフォロワー数は1470万で、ハンティントン・ホワイトリーは840万、ライトは140万だ。

 また「ベアミネラル」は米カリフォルニア出身の人気メイクアップアーティスト、ニッキ・デルースト(Nikki DeRoest)をブランド初のオフィシャル・メイクアップアーティストに任命し、製品の販売促進やSNSでのプロモーション、そして社内教育にも力を入れる。11月にはイギリスで、デルーストと共にインフルエンサーを対象としたイベントを2日間にわたり開催し、ウエルネスについての座談会などを行う。

 昨年、北米100店舗の閉店が明らかになったが、継続する80店舗については19年中に改装する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら