ファッション

「レイ」30周年イベント 松井愛莉やトレンディエンジェル斎藤らに読者400人

 主婦の友社が発行する女性誌「レイ(Ray)」は、創刊30周年を記念したイベント「女の子だけの『レイ』学園祭、夢が叶う♡女子力UPフェス」を新宿ルミネゼロで開催した。抽選で選ばれた女性読者400人を対象に、同誌の専属モデル12人によるファッションショーやスペシャルトークショーなどを行った。

 イベントは、「ダズリン(DAZZLIN)」や「レッセ・パッセ(LAISSE PASSE)」「マジェスティックレゴン(MAJESTIC LEGON)」「アース ミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC&ECOLOGY)」の4ブランドのファッションショーで幕を開けた。初めに松井愛莉とお笑いコンビ、トレンディエンジェルの斎藤司の2人がランウエイに登場し、大きな歓声を呼んだ。その後も続々とモデルが登場し、会場はヒートアップ。「カワイイ!」という読者の声に対し、モデルたちもサービス精神旺盛に手を振っていた。

 ショーに続いて、加藤ナナや欅坂46の渡辺梨加、吉田朱里、西川瑞希、上西星来の専属モデル5人を迎えたトークイベントが行われた。MCの斎藤が、モデル同士の交流や、美容について尋ねた。美容の秘けつについて「早寝早起き。今日は4時に起きた」と答えた渡辺に、斎藤は「築地レベルだね!」と突っ込んだ。

 トークイベントの後は、モデル以外に歌手としても活動する鈴木愛理のミニライブや、ヘアメイクアップアーティストの木部明美によるビューティ指導が行われた。その他に行われた「ザ スーツ カンパニー(THE SUIT COMPANY)」による就活スーツの着こなしレクチャーでは、モデルとして上西と中村里帆が登場。2人のスーツ姿を見てトレンディエンジェルの斎藤は「いや~、採用したいねぇ」と太鼓判を押した。

 講座の後は、再びファッションショーとトークイベントが行われた。ショーとトークイベントの間には、元「レイ」専属モデルの香里奈や、今回のイベントにスケジュールの都合で参加できなかったモデルでE-girlsメンバーの佐藤晴美らのビデオレターを上映。それぞれが30周年を迎えた「レイ」への思いや読者に対するメッセージを送った。トークイベントでは、専属モデルの鹿沼憂妃が年内での「レイ」卒業を発表。後輩モデルたちから別れを惜しまれる中、「年内いっぱいはまだ撮影があるので、よろしくお願いします」と笑顔を見せた鹿沼に観客からは大きな拍手が送られた。その他、誌面連動型の「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」とのコラボショーや、協賛メーカーによるブース出展などのコンテンツもあり、大盛況の中イベントは幕を閉じた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。