ファッション

「エル」とキムタク次女Koki,再び 全国65カ所の街頭ビジョンをジャック

 ハースト婦人画報社が発行する「エル・ジャポン(ELLE JAPON以下、エル)」が、元SMAPの木村拓哉の次女でモデルのKoki,を起用したキャンペーンムービーを制作した。北海道や東京、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡の全国7都市、65カ所の屋外ビジョンや駅のデジタルサイネージで9月1日12時から放映する。屋外5カ所では限定でシークレット映像を流す。

 同ムービーは“雑誌やスマートフォンから飛び出すKoki,”をコンセプトに、彼女が流ちょうな英語でメッセージを伝えるというもので、多岐にわたる「エル」の世界観を表現したという。8月に開設した同誌のLINE公式アカウントでは、独占メーキング映像を期間限定で配信予定だ。

 Koki,は5月28日発売の「エル」7月号の表紙に起用され、モデルデビューを果たした。8月10日に日本人初、および最年少の「ブルガリ(BVLGARI)」アンバサダーに就任している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら