ファッション

「エル」とキムタク次女Koki,再び 全国65カ所の街頭ビジョンをジャック

 ハースト婦人画報社が発行する「エル・ジャポン(ELLE JAPON以下、エル)」が、元SMAPの木村拓哉の次女でモデルのKoki,を起用したキャンペーンムービーを制作した。北海道や東京、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡の全国7都市、65カ所の屋外ビジョンや駅のデジタルサイネージで9月1日12時から放映する。屋外5カ所では限定でシークレット映像を流す。

 同ムービーは“雑誌やスマートフォンから飛び出すKoki,”をコンセプトに、彼女が流ちょうな英語でメッセージを伝えるというもので、多岐にわたる「エル」の世界観を表現したという。8月に開設した同誌のLINE公式アカウントでは、独占メーキング映像を期間限定で配信予定だ。

 Koki,は5月28日発売の「エル」7月号の表紙に起用され、モデルデビューを果たした。8月10日に日本人初、および最年少の「ブルガリ(BVLGARI)」アンバサダーに就任している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら