ファッション

「エル」7月号登場のキムタク次女、初シューティングでNGカットなしの衝撃デビュー

 ファッション誌「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」の7月号(5月28日発売)の表紙に、元SMAPの木村拓哉と歌手の工藤静香の次女、Koki,(コウキ 15歳)が登場し話題となっている。「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」と「ブルガリ(BVLGARI)」に身を包み、モデルデビューにも関わらず、堂々とした姿とまっすぐに見つめるその眼差しが印象的だ。

 Koki,の起用について坂井佳奈子エルコンテンツ部編集長は、「つないでくれたのは、『ブルガリ』とKoki,さんが赤ちゃんの時からポートレートを撮ってきた操上和美氏。芸能人ではなく、インターナショナルなモデルとしてデビューさせたいという思いがあったようで、話をいただいた」と語る。今回の撮影も操上氏が撮り下ろした。撮影秘話として、「当初は表紙の予定ではなかった。しかし、初めての撮影なのに捨てカットなし。シャッターの音に合わせて表情を変えてゆく姿に驚いた。あまりの仕上がりの良さに表紙への起用を決めた」と坂井編集長。「エル・ジャポン」の表紙モデルを日本人が飾ったのは、震災直後の冨永愛に次いで2人目。なお、発売日の5月28日にKoki,はインスタグラムもスタートした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら