ニュース

ヴァージル・アブローと「イケア」のポップアップは4種のラグを先行販売 1万〜3万と良心的価格

 「イケア(IKEA)」は、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とコラボレーションしたインテリア・コレクションを9月29日にパリで開くポップアップストア「“STILL LOADING”」で世界先行発売する。会場はパリ中心部から少し離れた複合施設シテ・デ・ラ・モード・エ・デュ・デザイン(Cite de la Mode et du Design)で、「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」をはじめ、多くのブランドがショーや展示会を行う場所だ。

 今月初めにポップアップの開催が告知された際は、昨年発表されたコラボインテリア・コレクション“マケラッド(MARKERAD)”を販売するとみられていたが、今回のポップアップでは限定のラグを4種販売する。サイズは133cm × 195cmが2種、140cm × 200cmが1種、200cm × 250cmが1種で、価格は79〜229ユーロ(約1万〜約3万円)を予定しているようだ。

 これらのラグについてヴァージルは「床に敷くのではなく、アート作品のように壁に飾ってほしい」とコメントしている。

 ポップアップはパリの後、世界3都市での開催を予定している。先日開かれた2019年度の事業発表会でイケア・ジャパンは、「(ヴァージルとの)コラボインテリア・コレクションは、年内か来年初頭に販売する予定だ」とコメントしていたことから、日本国内での開催に期待が高まっている。