ファッション

ベイクルーズが“みんなで作る”ウィメンズの新ブランド

 スローブ イエナ(SLOBE IENA)やジャーナルスタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relume)などを運営するベイクルーズは9月12日、新ウィメンズブランド「シャルル シャトン(CHARLES CHATON)」をスタートする。オンライン限定のブランドで、ポップアップイベントを定期的に開催する予定だ。

 同ブランドは、“girl,forever!”がコンセプトで、20代前半をターゲットにしつつ、テイストを重視してガールズカルチャーを意識したアイテムを展開する。価格帯は1万円前後。“みんなで作っていく”を裏コンセプトに、コミュニティーを大切にユーザーの意見を商品に反映させたり、若手クリエイターや無名だが世界観のある若者とも手を組んだりするという。顧客に自身のワードローブとの組み合わせを楽しんでもらうため、ブランドのアイテムだけではスタイリングが完成しないMD構成も特徴だ。

 ブランドローンチを記念し、コラージュアーティストのヤビク エンリケ ユウジ(Yabiku Henrique Yudi)とのコラボアイテム3型をベイクルーズストアおよび「ゾゾタウン(ZOZO TOWN)」で発売する。また、9月22日から2日間限定のショールーミングストアを東京・表参道にオープンする。

■「シャルル シャトン」 ショールーミングストア
日程:9月22〜23日
場所:表参道交差点・清水ビル
住所:東京都港区北青山3-5-25

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら