ファッション

「グッチ」2019年春夏はサブカルチャーを生んだパリのナイトクラブで発表

 「グッチ(GUCCI)」は2019年春夏コレクションをパリ・ファッション・ウイーク中の9月24日21時からテアトル・ル・パラス(THEATRE LE PALACE)で発表する。この場所でランウエイショーが行われるのは初だという。

 テアトル・ル・パラスは9区フォーブール・モンマルトル通りに位置し、長年ナイトクラブとして、ファッションや音楽業界人が多く集う、アンダーグラウンドカルチャーを生んだ場所だ。グッチは、「テアトル・ル・パラスは今日まで若い世代に影響を与え続けてきたサブカルチャーの発信地だ。これはメゾンが描くビジョンと共鳴するものがある」とコメントしている。

 このコレクションは、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)「グッチ」クリエイティブ・ディレクターが、フランスにオマージュを捧げた3部作の最終章だ。18年プレ・フォール・コレクションでは、学生運動が活発だった1968年頃のフランスをフィーチャーしたキャンペーンを展開し、19年プレ・スプリング・コレクションでは南仏アルルのアリスカン ローマ墓地で発表している。

 なお、同クラブは音楽好きで知られるエディ・スリマン(Hedi Slimane)も若い頃から通い詰め、7月18日に50歳の誕生日パーティーを開催した場所だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。