ファッション

「グッチ」2019年春夏はサブカルチャーを生んだパリのナイトクラブで発表

 「グッチ(GUCCI)」は2019年春夏コレクションをパリ・ファッション・ウイーク中の9月24日21時からテアトル・ル・パラス(THEATRE LE PALACE)で発表する。この場所でランウエイショーが行われるのは初だという。

 テアトル・ル・パラスは9区フォーブール・モンマルトル通りに位置し、長年ナイトクラブとして、ファッションや音楽業界人が多く集う、アンダーグラウンドカルチャーを生んだ場所だ。グッチは、「テアトル・ル・パラスは今日まで若い世代に影響を与え続けてきたサブカルチャーの発信地だ。これはメゾンが描くビジョンと共鳴するものがある」とコメントしている。

 このコレクションは、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)「グッチ」クリエイティブ・ディレクターが、フランスにオマージュを捧げた3部作の最終章だ。18年プレ・フォール・コレクションでは、学生運動が活発だった1968年頃のフランスをフィーチャーしたキャンペーンを展開し、19年プレ・スプリング・コレクションでは南仏アルルのアリスカン ローマ墓地で発表している。

 なお、同クラブは音楽好きで知られるエディ・スリマン(Hedi Slimane)も若い頃から通い詰め、7月18日に50歳の誕生日パーティーを開催した場所だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら