ファッション

コム デ ギャルソンの新ブランド「CDG」が直営店オープン “ここでしか買えない”コラボアイテムを多数そろえる

 コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS以下、ギャルソン)が4月に立ち上げた新ブランド「CDG」は7月20日、東京と大阪に直営店をオープンした。場所は、東京が表参道ジャイル(GYRE)2階でギャルソンが運営してきたコンセプトショップ、グッドデザインショップ(GOOD DESIGN SHOP)跡地で、大阪も同じく南船場にあった同ショップ跡地。店舗面積はそれぞれ約100平方メートルと約55平方メートルで、営業時間は11〜20時。

 「CDG」は同日、ギャルソンとして初のECサイトを14時にオープンした。取り扱い数は25〜30品目と店頭の約80に比べると少ないが、取り扱いアイテムを毎月替えることでサイトの鮮度を保ち、その都度メールでお知らせする。

 オープンに先駆け、東京店が関係者に公開された。店内は1996年に初めて使用した“CDG”のロゴが床や壁にプリントされ、店内前方が広々としたレジ空間、後方が売り場になっている。商品は、“アーカイブ・コラボレーション・シンプル”を軸に全てのアイテムが「CDG」でしか買えない限定品だ。商品の平均単価は約2万5000円。「プレイ・コム デ ギャルソン(PLAY COMME DES GARCONS)」同様、エントリーラインの位置付けだ。

 “アーカイブ”では、「『CDG』はギャルソンがブランドを50年継続してきた歴史の上で成り立つブランド」と話すように、85年や86年のパリコレでスタッフが着用していたコートの復刻やショルダーバッグをラインアップする。“コラボ”ではロサンゼルス発ストリートブランドの「アンチソーシャルソーシャルクラブ(ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB)」や「ブレインデッド(BRAIN DEAD)」とのTシャツをそろえ、“シンプル”では「完成されているデザインはそのままにギャルソンの要素を加えた」という「アルファ インダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)」とのMA-1や「ヘインズ(HANES)」とのコラボパックTシャツを用意。それぞれのブランドの既存品に“CDG”のロゴをプリントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。