ファッション

「ビズビム」がLAに初の旗艦店をオープン 新ブランドを限定スタート

 「ビズビム(VISVIM)」は7月21日、初の海外旗艦店VISVIM EXPOSITIONをロサンゼルスのブラッドベリー・ビルにオープンする。アメリカでは2店舗目の出店となる。同店は、「ビズビム」の他にウィメンズブランド「WMV」や「エフ アイ エル インディゴ キャンピング トレーラー(F.I.L INDIGO CAMPING TRAILER)」の商品を販売する他、新ブランド「コントラリー デプト(CONTRARY DEPT)」を同店限定で取り扱う。「コントラリー デプト」は中村ヒロキ=クリエイティブ・ディレクターの手法でユーティリティーウエアを解体、再構築したコレクションで、ライナーベストやライナージャケット、グリース・モンキージャケットにカモ柄のハットやバッグをラインアップする。

 「ビズビム」は今回の出店が国内外を含め9店舗目となる。ロサンゼルスのサンタモニカ近くのショッピングモール、ブレインウッドカントリーマートでは、ポップアップストアWMV VISVIM BRENTWOODを5月19日から開催中だ。また、「WMV」は2017年7月にニューメキシコ州のサンタフェに常設店をオープンしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら