ファッション

「ビズビム」のウィメンズブランド「WMV」初のショップオープン

 「ビズビム(VISVIM)」のウィメンズブランド「WMV」はこのほど、アメリカ・ニューメキシコ州のサンタフェにブランド初のショップをオープンした。

 店舗では、「WMV」のほか、泥や枷(かせ。日本では古来、インディゴ染料を枷壺に入れ、生地や糸を浸していた)、藍染めなど日本の伝統的な染色技術を取り入れた「ビズビム」の商品、コレクションのインスピレーション源になった中村ヒロキ・クリエイティブディレクター所有のビンテージアイテムなども販売。ネイティブ・アメリカンのモカシンにインスパイアされたシューズ“FBT”もメンズ、ウィメンズ共に数量限定で販売している。

 ショップは、サンタフェのダウンタウンに立地。この街には、インディアンジュエリーを扱うショップ「シップロック サンタフェ(SHIPROCK SANTA FE)」があり、中村クリエイティブディレクターはオーナーと10年来の知り合いという。

 「WMV」は、中村クリエイティブディレクターが、妻でありデザイナーのケルシーと共に、伝統的な手法やデザインを取り入れ、コレクションを生み出す。2013年に本格的にスタートした。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら