ファッション

「ビズビム」のウィメンズブランド「WMV」初のショップオープン

 「ビズビム(VISVIM)」のウィメンズブランド「WMV」はこのほど、アメリカ・ニューメキシコ州のサンタフェにブランド初のショップをオープンした。

 店舗では、「WMV」のほか、泥や枷(かせ。日本では古来、インディゴ染料を枷壺に入れ、生地や糸を浸していた)、藍染めなど日本の伝統的な染色技術を取り入れた「ビズビム」の商品、コレクションのインスピレーション源になった中村ヒロキ・クリエイティブディレクター所有のビンテージアイテムなども販売。ネイティブ・アメリカンのモカシンにインスパイアされたシューズ“FBT”もメンズ、ウィメンズ共に数量限定で販売している。

 ショップは、サンタフェのダウンタウンに立地。この街には、インディアンジュエリーを扱うショップ「シップロック サンタフェ(SHIPROCK SANTA FE)」があり、中村クリエイティブディレクターはオーナーと10年来の知り合いという。

 「WMV」は、中村クリエイティブディレクターが、妻でありデザイナーのケルシーと共に、伝統的な手法やデザインを取り入れ、コレクションを生み出す。2013年に本格的にスタートした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。