ファッション

ナイキの原宿新店舗にはレアスニーカーが満載

 
 ナイキジャパン(NIKE JAPAN)は、東京・原宿のキャットストリート沿いに開く直営店「ナイキ キックス ラウンジ 表参道(NIKE KICKS LOUNGE OMOTESANDO)」のオープン前日となる7月27日に店内を公開した。

 売り場面積は177平方メートルで2フロア構成。1階には豊富なスニーカーと一部アパレルが並ぶ。生誕35周年を迎える人気モデル“ナイキ エア フォース”コーナーや、ラン、バスケット、ライフスタイルなど各カテゴリーのシューズをミックスしてカラー別に並べた日本の直営店では初となる陳列方法を採用している。

 階段を上ってすぐの2階カウンターでは、ウエアの裾上げやサイドスリットなどの加工が行える日本初のサービスや、1パーツ500円であらゆるトップスにプリントができるカスタムを受け付ける。奥にはグローバルで再強化を掲げる「ジョーダンブランド(JORDAN BRAND)」コーナーを設置する。

 入り口そばの壁面には、約1000個のシューズボックスが積まれた迫力の演出。ウォールアートはアーティストの山口歴(めぐる)が手掛ける他、サカナクションの山口一郎が主催するNF サウンドクルーが“東京”をテーマに作曲したオリジナル曲をBGMに採用するなど、東京のカルチャーが感じられる仕掛けを随所に施している。

 28日のオープン時には完売店が相次いでいる“エア ヴェイパー マックス”や日本限定カラーの“ダンク ロー”、アーティストのトーマス・キャンベル(THOMAS CAMPBELL)とコラボした“ダンク ハイ”など、貴重なスニーカーも並ぶ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら