ファッション

ベッカムも緊急来日 「アディダス」のストリートフットボール日本代表を祝福するプロジェクト

 アディダス ジャパン(ADIDAS JAPAN)は、7月10~15日にロシアで開催されるストリートフットボールの世界大会「タンゴリーグ グローバル ファイナル(TANGO LEAGUE GLOBAL FINAL)」に出場する日本代表選手を祝福するプロジェクトを行った。本大会に出場するのは、6月16日に東京・六本木で開催された「タンゴリーグ ジャパン ファイナル 2018(TANGO LEAGUE JAPAN FINAL 2018)」でMVPに輝いた25歳の医大生、千坂奎(ちさかけい)だ。千坂を世界大会に送り出すため、プロジェクトにはアスリートやアーティスト、ミュージシャンなどのトップクリエイターが参加した。

 W杯で日本代表の対コロンビア戦があった6月19日、アディダスと契約するデヴィッド・ベッカム(David Beckham)が来日。千坂に「アディダス」の最新フットボールシューズ“エックス タンゴ 18+(X TANGO 18+)”をサプライズプレゼントした。千坂は、世界大会でこのシューズを履いてプレーする。「世界で戦う上で必要なことは何か?」と千坂から質問されたベッカムは、「常にハードワークを忘れないように。楽しまなければならないけど、常に一生懸命ハードワークをすることが大事だ」と答えた。

 6月下旬には、渋谷駅前のビルボードにグラフィックデザイナーの上岡拓也による千坂の顔が描かれた。このビルボードには、リオネル・メッシ(Lionel Messi)や香川真司、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、SuchmosのYONCEといったトップクラスの選手やクリエイターの顔が掲載され、彼らと並んで一般人の千坂が描かれた。上岡デザイナーは「誰もが知る企業の広告にトップクリエイターと一般人の顔が並ぶのはとても新鮮で、次世代感があり、素晴らしいと思う」とコメントした。

 また、世界大会で着用するオリジナルジャージーの制作は、東京のあるストリートブランドがブランド名を伏せる条件で参加。「身の回りにある普通のモノを題材にすることがストリート的な手法になる」と考え、工事現場などで目にするセーフティーベストをデザインに落とし込んだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。