ファッション

「トーガ」とのコラボTシャツ発売 KOHHとyayhelが恵比寿リキッドルーム14周年記念ライブに出演

 恵比寿にある東京を代表するライブハウス、リキッドルーム(LIQUIDROOM)が7月13日の深夜、新宿区歌舞伎町からの移転・再オープンの14年目を記念した公演「LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY」を行う。出演は、「ファセッタズム(FACETASM)」2017年春夏コレクションでパリコレを歩いたラッパーKOHHと、「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」のショー音楽などを手掛ける気鋭バンドyahyelで、ファッション業界からも注目される2組のアーティストだ。開場は13日24時で、開演は同日25時から。チケット代は4500円で、別途ドリンク代として500円が必要。18歳未満は入場できない。

 同公演は「トーガ(TOGA)」がサポートに入っており、会場では「トーガ」2018-19年秋冬コレクションの一部にグラフィックを提供しているグラフィティアーティストのMOZYSKEYとKOHH、yahyel、そして「トーガ」のコラボTシャツが販売される。ゴシック体のフォントで公演日や“LIQUIDROOM”の文字があしらわれたインパクトのあるデザインが特徴で、価格は未定。1型のみを用意する。

 なお、「LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY」は13日以外にも、23日の電気グルーヴや8月8日のペトロールズのワンマンをはじめ、23日のD.A.N.と小袋成彬の2マン、29日のPeople In The Boxとyonigeの2マンなど複数回にわたり開催される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら