ファッション

「トーガ」とのコラボTシャツ発売 KOHHとyayhelが恵比寿リキッドルーム14周年記念ライブに出演

 恵比寿にある東京を代表するライブハウス、リキッドルーム(LIQUIDROOM)が7月13日の深夜、新宿区歌舞伎町からの移転・再オープンの14年目を記念した公演「LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY」を行う。出演は、「ファセッタズム(FACETASM)」2017年春夏コレクションでパリコレを歩いたラッパーKOHHと、「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」のショー音楽などを手掛ける気鋭バンドyahyelで、ファッション業界からも注目される2組のアーティストだ。開場は13日24時で、開演は同日25時から。チケット代は4500円で、別途ドリンク代として500円が必要。18歳未満は入場できない。

 同公演は「トーガ(TOGA)」がサポートに入っており、会場では「トーガ」2018-19年秋冬コレクションの一部にグラフィックを提供しているグラフィティアーティストのMOZYSKEYとKOHH、yahyel、そして「トーガ」のコラボTシャツが販売される。ゴシック体のフォントで公演日や“LIQUIDROOM”の文字があしらわれたインパクトのあるデザインが特徴で、価格は未定。1型のみを用意する。

 なお、「LIQUIDROOM 14th ANNIVERSARY」は13日以外にも、23日の電気グルーヴや8月8日のペトロールズのワンマンをはじめ、23日のD.A.N.と小袋成彬の2マン、29日のPeople In The Boxとyonigeの2マンなど複数回にわたり開催される。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら