ファッション

「映像で世の中をよくしたい」 25歳の映像作家・山田健人が初公開の作業部屋で語る

 Suchmos、KANDYTOWN、yahyelといった注目の若手をはじめ、宇多田ヒカルや嵐、GLAYなど大物ミュージシャンまで数多くのMVを手掛ける映像作家の山田健人。2015年から本格的に映像の仕事を始め、今では映像業界でも注目の存在となっている。「かっこいい作品を作るのは当たり前。その上でどういった影響を与えられるかが大切」と語る彼の映像制作にかける想いを、渋谷にある自宅兼作業部屋で聞いた。

WWD:映像作家を始めて3年目ですでに業界を超えて注目される存在となってきたが、これまでを振り返ってみてどうだった?

山田健人(以下、山田):1年目はまだ映像の仕事を始めたばかりだったので、同世代で仲がよかったSuchmosやKANDYTOWN、yahyelとの仕事が中心で、「東京のインディーズシーンで映像をやっているといえば山田だよね」っていうところに持っていければいいかなと思っていました。フリーの映像作家としてやっていく上で不安はありましたが、Suchmosとの出会いは大きく、彼らがどう思っているか分かりませんが、当時は特に根拠もなかったけど「俺ら最強」っていう自信だけはありましたね。2年目から他のアーティストとの仕事も増えてきて、ようやく自信を持って「映像やってます」って言えるようになってきました。

WWD:昨年は宇多田ヒカルをはじめ、GLAY、嵐、THE YELLOW MONKEYなど、メジャーなアーティストとも仕事をするようになったが?

山田:ありがたいことにさまざまなジャンルのアーティストと仕事をさせてもらい、常に何かしらの作品に関わりながら、もの作りについて考え続ける1年でした。それと同時に、「なぜ映像なのか」を考える1年でもあり、自分の映像に対する意識も変わりました。

WWD:具体的にはどう変わった?

山田:正直、映像制作を始めた時は、いい作品を作ってそれで食べていければいいやって思っていたんですが、今は「いい作品を作るのは当たり前で、自分が作った映像を通して世の中をよくしたい」と思うようになりましたね。そのためにも、まずは僕がどういったことを考えて映像を作っているのか、それを多くの人に知ってもらうことが大切だと思い、昨年からはいろいろなメディアの取材を受けるようになりました。そこで自分の考えを話すことで、少しでも僕が作っている作品に興味を持ってもらえればうれしいです。

WWD:映像を通してどう世の中をよくしていきたい?

山田:僕の作品を通して、“マス”と“コア”を一つにできればと考えていて、それはメジャーなアーティストともインディーズのアーティストとも仕事をやらせてもらっている僕だからこそできることだと思っています。例えばGLAYやTHE YELLOW MONKEYのファンが、僕を通してSuchmosやyahyelを知ることもありますよね。そんなふうに映像を通してさまざまな世代や価値観を持った人がつながっていく――それが新たなカルチャーを作っていくことになるし、多くの人が映像にもっと興味を持ってくれるようになると思います。ゆくゆくはミュージシャンや作家みたいに、「山田健人が新しい映像を作った」ということが話題になるような、そんな存在になりたいです。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら