ファッション

「カフェ キツネ」から夏季限定のジェラート 今年は日本を感じる3つのフレーバー

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」が運営する「カフェ キツネ(CAFE KITSUNE)」は6月22日、夏季限定のオリジナルジェラートを発売した。

 昨年に続き、東京・阿佐ヶ谷のジェラテリア・シンチェリータ(GELATERIA SINCERITA)と共に、オリジナルの3つのフレーバーを作った。全てのフレーバーに国内産の素材を使用し、日本を感じる味に仕上げた。シングルは463円(税込)、ダブルは602円(税込)で販売。

 “ミルク(MILK)”は、日本の砂糖である和三盆を使用した上品な甘さと、濃厚なミルクジェラートがコーヒーとの相性もよいフレーバー。“ヘーゼルナッツ チョコチップス(HAZELNUTS CHOCO CHIPS)”は奄美大島の黒糖とシチリア産ヘーゼルナッツの組み合わせに、イタリアの人気チョコレートブランド「ドモーリ(DOMORI)」のチョコチップを加えた。和歌山県産の完熟梅と甘夏、グレープフルーツやレモンの旬な柑橘をミックスした“プラム(PLUM)”は、夏にぴったりな爽やかな酸味を感じるフレーバーに仕上げた。

 「カフェ キツネ」は「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」のショップに併設する形で、2013年に東京・南青山にオープンした。過去にはカフェメニューの他、Tシャツやスエット、タンブラーなどのアパレル・グッズコレクションも販売した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら