ファッション

「カフェ キツネ」から夏季限定のジェラート 今年は日本を感じる3つのフレーバー

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」が運営する「カフェ キツネ(CAFE KITSUNE)」は6月22日、夏季限定のオリジナルジェラートを発売した。

 昨年に続き、東京・阿佐ヶ谷のジェラテリア・シンチェリータ(GELATERIA SINCERITA)と共に、オリジナルの3つのフレーバーを作った。全てのフレーバーに国内産の素材を使用し、日本を感じる味に仕上げた。シングルは463円(税込)、ダブルは602円(税込)で販売。

 “ミルク(MILK)”は、日本の砂糖である和三盆を使用した上品な甘さと、濃厚なミルクジェラートがコーヒーとの相性もよいフレーバー。“ヘーゼルナッツ チョコチップス(HAZELNUTS CHOCO CHIPS)”は奄美大島の黒糖とシチリア産ヘーゼルナッツの組み合わせに、イタリアの人気チョコレートブランド「ドモーリ(DOMORI)」のチョコチップを加えた。和歌山県産の完熟梅と甘夏、グレープフルーツやレモンの旬な柑橘をミックスした“プラム(PLUM)”は、夏にぴったりな爽やかな酸味を感じるフレーバーに仕上げた。

 「カフェ キツネ」は「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」のショップに併設する形で、2013年に東京・南青山にオープンした。過去にはカフェメニューの他、Tシャツやスエット、タンブラーなどのアパレル・グッズコレクションも販売した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら