ファッション

貴乃花親方の長男が弱冠22歳でピッティ参加

 大相撲の貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一は、イタリア・フィレンツェで開催中のメンズ総合見本市ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)に自身のブランド「ユウイチ ハナダ(YUICHI HANADA)」として初出展している。

 周囲には長い歴史を持つクラシコ系のブランドのブースが所狭しと並ぶ中、現在22歳の花田が立つブースは少数のシューズが並ぶシンプルな作り。自ら描いたというイラストや木材のセットがモダンな印象だ。東京都内の工房で完全受注による靴を作っており、価格は約20万円から。現在は2年待ちの状態だという。

 ピッティに出展した理由について花田は「受注生産の他に、既製品の靴も作っていきたい。ピッティがブランドとの取り組みにつながれば」と語る。また「18〜20歳までフィレンツェの師匠の下で靴の勉強をしていた。世界に出るために、まずはフィレンツェに戻るべきだと思った」と続けた。

 かつてはメディアへの露出を避けていたという同氏だが、最近はある決意のもとにメディアに登場しているという。「靴を購入する消費者は、裏で作っている職人のことに興味はあっても詳しくは知らない。彼らの素晴らしい仕事を少しでも世の中の人に知ってもらうために、僕だけができることがあるはず。そう思って最近はテレビやメディアにも出演させていただいている」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら