ニュース

「ベッドフォード」がピッティのゲストデザイナーに決定 「アディダス オリジナルス」とのコラボも披露

 山岸慎平が手掛けるメンズブランド「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」は、イタリア・フィレンツェで6月12〜15日に開催されるメンズファッションの総合見本市ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)に参加し、2019年春夏コレクションをランウエイショー形式で披露する。またショーの中で、「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」との19-20年秋冬シーズンの本格的なコラボレーションに向けた協業アイテムも登場する予定だという。

 ピッティは日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)と17年から2年間のパートナーシップ契約を結んでおり、日本の才能を発掘するプロジェクトの一環として同年1月に「サルバム(SULVAM)」、6月に「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」のランウエイショーを行った。

 「ベッドフォード」は山岸デザイナーと、ビジネス面を主に支える高坂圭輔ディレクターが10年に設立。独特なカッティングや繊細なディテールで、艶っぽさを帯びたメンズウエアのデザインを得意とする。16年10月に「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」でランウエイショーデビューを飾ると、「東京ファッションアワード」受賞に伴い17年1月にパリで合同展示会に参加。その後もショールームを変更してパリで展示会を継続するなど、海外進出に意欲を見せていた。