ニュース

「ベッドフォード」と「エド ロバート ジャドソン」が2万円超えの本気“レジ袋”発売

 メンズブランド「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」とレザーグッズブランド「エド ロバート ジャドソン ベータ(ED ROBERT JUDSON β)」は、レジ袋の経年変化が楽しめるバッグ“ノー モア プラスチック バッグ(NO MORE PLASTIC BAG)”を共同開発し、愛知・名古屋のセレクトショップ、コーナーズ バイ アンリミテッド.(CORNERS BY UNLIMITED.)で発売する。価格は2万6500円。同店で4月28〜30日に開催する両ブランドによる企画展“自発を誘うエコ”に並ぶ予定で、28、29日には山岸慎平「ベッドフォード」デザイナーと江崎賢「エド ロバート ジャドソン ベータ」デザイナーも常駐する。

 バッグは「エド ロバート ジャドソン ベータ」が2017年に発表したレジ袋用のレザーハンドルを使用し、「資源を大切に」と描かれたレジ袋の内側に耐久性に優れたタイベックス素材のバッグが付属する。

 協業のきっかけは、レジ袋が引き起こしている環境汚染や地球温暖化について両デザイナーが考えたこと。破れてしまうと価値がなくなるレジ袋と、ダメージに対して愛着がわく洋服の価値観を対比させ、“自分だけの破れ方が楽しめるレジ袋”の開発に至った。