ファッション

“ウェア ボブソン”のデニムを「ベッドフォード」山岸がデザイン

 キシユニバースのデニムブランド「ボブソン(BOBSON)」は2018年春夏、デザイナーズライン“ウェア ボブソン(WHEIR BOBSON)”メンズのゲストデザイナーに「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」の山岸慎平を起用した。ウィメンズは17年春夏から3シーズン引き続き、「チノ(CINOH)」の茅野誉之が手掛ける。

 山岸が手掛けるメンズは、古着からヒントを得たスプラッシュブリーチの加工をはじめ、垂れ下がるひものディテール、光沢感のある素材との異素材ミックスなどが特徴だ。茅野によるウィメンズは、ジーンズをリメイクしたようなワンピースや、腕に大胆なスリットを入れたデニムコートやジャケットなどをそろえている。

 「ベッドフォード」は10年にスタートしたメンズブランド。17年春夏の「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」でランウエイデビューし、同シーズンに東京ファッションアワードを受賞。17-18年秋冬からは、パリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中にパリで展示会を行っている。

[related post="243547" title='「ボブソン」の新ライン"ウェア ボブソン"が始動 デビューコレクションに「シセ」の松井征心を起用した理由は?']

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。