ファッション

“ウェア ボブソン”のデニムを「ベッドフォード」山岸がデザイン

 キシユニバースのデニムブランド「ボブソン(BOBSON)」は2018年春夏、デザイナーズライン“ウェア ボブソン(WHEIR BOBSON)”メンズのゲストデザイナーに「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」の山岸慎平を起用した。ウィメンズは17年春夏から3シーズン引き続き、「チノ(CINOH)」の茅野誉之が手掛ける。

 山岸が手掛けるメンズは、古着からヒントを得たスプラッシュブリーチの加工をはじめ、垂れ下がるひものディテール、光沢感のある素材との異素材ミックスなどが特徴だ。茅野によるウィメンズは、ジーンズをリメイクしたようなワンピースや、腕に大胆なスリットを入れたデニムコートやジャケットなどをそろえている。

 「ベッドフォード」は10年にスタートしたメンズブランド。17年春夏の「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」でランウエイデビューし、同シーズンに東京ファッションアワードを受賞。17-18年秋冬からは、パリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中にパリで展示会を行っている。

[related post="243547" title='「ボブソン」の新ライン"ウェア ボブソン"が始動 デビューコレクションに「シセ」の松井征心を起用した理由は?']

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら