ファッション

「ボブソン」新ラインのウィメンズデザイナーに「チノ」の茅野誉之

 キシユニバースの「ボブソン(BOBSON)」が2016-17年秋冬シーズンに立ち上げた新ライン“ウェア ボブソン(WHEIR BOBSON)”は、17年春夏シーズンからウィメンズのデザイナーに「チノ(CINOH)」の茅野誉之を起用する。メンズはデビューコレクション同様、「シセ(SISE)」の松井征心が手掛ける。

 茅野デザイナーによるウィメンズは、適度に肌が露出するカッティングやデニムと同色のステッチを使用するなど、重量感のあるデニムを軽快に見せるデザインが特徴。オフショルダーのワンピース、トップス、ロングスカートなどウイメンズならではのアイテムがそろう。松井デザイナーによるメンズは、ミニマルなデビューコレクションから一転、迷彩柄やパッチワークなどを施した大胆な仕上がりのコート、ブルゾン、ショーツなどをラインアップする。

【関連記事】
「ボブソン」の新ライン"ウェア ボブソン"が始動 デビューコレクションに「シセ」の松井征心を起用した理由は?
「ウェア ボブソン」2017年春夏コレクション

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら