ファッション

「マルニ」 × 「ポーター」の第11弾は、色と柄がぶつかり合うアフリカンなトライバル 新作ボディバッグも登場

 「マルニ(MARNI)」は4月27日と5月23日の2回に分けて、「ポーター(PORTER)」とのコラボ第11弾“トライバル コレクション(TRIBAL COLLECTION)”を発売する。クリエイティブ・ディレクターのフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)が、アフリカなどさまざまな国を旅した際のインスピレーションから誕生。「マルニ」らしく色鮮やかな、2種のプリントで作ったバッグにコードを編み込んだデザインが特徴だ。

 4月27日に発売するのは、4つの外付けポケットが機能的なリュック(8万1000円)、シンプルなデイパック(4万4000または4万7000円)、サイドのハンドルでミニトートとしても使えるポーチ(2万円)、ロングウォレット(3万円)やカードケース(1万5000円)、コインケースとストラップのセット(1万4000円)、それに2種のストラップ(4000または7000円)。バッグはいずれもイエローがアクセントのオリーブグリーン、ワインレッドとのコントラストが個性的なブルー、イエローテープが際立つブラックの3色展開だ。

 5月23日に発売するのは、大容量の2ウエイトート(5万3000または5万7000円)、同じく2ウエイのナップサック(3万2000円)、それにボディバッグ(3万または3万1000円)。

 第11弾の発売を記念して、阪急メンズ東京と銀座三越では現在開催中のポップアップに27日、新作バッグが登場する。5月下旬にはイセタン羽田ストアと阪急メンズ大阪でもポップアップストアをオープンする。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら