ニュース

「マルニ」 × 「ポーター」の第11弾は、色と柄がぶつかり合うアフリカンなトライバル 新作ボディバッグも登場

 「マルニ(MARNI)」は4月27日と5月23日の2回に分けて、「ポーター(PORTER)」とのコラボ第11弾“トライバル コレクション(TRIBAL COLLECTION)”を発売する。クリエイティブ・ディレクターのフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)が、アフリカなどさまざまな国を旅した際のインスピレーションから誕生。「マルニ」らしく色鮮やかな、2種のプリントで作ったバッグにコードを編み込んだデザインが特徴だ。

 4月27日に発売するのは、4つの外付けポケットが機能的なリュック(8万1000円)、シンプルなデイパック(4万4000または4万7000円)、サイドのハンドルでミニトートとしても使えるポーチ(2万円)、ロングウォレット(3万円)やカードケース(1万5000円)、コインケースとストラップのセット(1万4000円)、それに2種のストラップ(4000または7000円)。バッグはいずれもイエローがアクセントのオリーブグリーン、ワインレッドとのコントラストが個性的なブルー、イエローテープが際立つブラックの3色展開だ。

 5月23日に発売するのは、大容量の2ウエイトート(5万3000または5万7000円)、同じく2ウエイのナップサック(3万2000円)、それにボディバッグ(3万または3万1000円)。

 第11弾の発売を記念して、阪急メンズ東京と銀座三越では現在開催中のポップアップに27日、新作バッグが登場する。5月下旬にはイセタン羽田ストアと阪急メンズ大阪でもポップアップストアをオープンする。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら