ファッション

「ネーム」ディレクターがウェブ中心の新ブランド「ユアセルフ」を立ち上げ

 アイ アムが運営する「ネーム(NAME.)」でディレクターを務めている松坂生麻は、新メンズブランド「ユアセルフ(URSELF)」を立ち上げた。ブランド名は、インスタグラムをはじめとしたウェブでの活動を中心にしていくことから、ネットスラングで“You are”を意味する“ur”と、“あなた自身”を意味する“yourself”の造語。実店舗や取扱店舗を持たず、販売は公式サイトのみ。テーマやシーズンを設けたコレクションや展示会も行わない。

 コンセプトには”あえて無駄を大切にする”を掲げ、アパレルに加え”人生を豊かにするのは生きていく上で必要無いモノ”の考えに基づいた雑貨や日用品といったライフスタイルグッズも扱う予定だ。

 ファーストコレクションは、33インチと38インチのデニム(2万円)とチノパン(2万円)、プリントTシャツ(4000円)の3型のみで、6月6日の12時から公式サイトで販売する。

 なお、「ネーム」は創業時からデザイナーを務めていた清水則之が2018年春夏シーズンを最後に退任。18-19年秋冬シーズンから、清水の下で5年間パタンナーを手掛けていた山田拓治がデザイナーを、松坂がディレクターを務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら