ファッション

高橋愛が語る韓国コスメ愛 モー娘。時代からの愛用品とは?

 大の韓国好きとして知られるタレントの高橋愛が、ラフォーレ原宿で行われた韓国好き女子に向けたECモバイル雑誌「モアミー(MORE ME)」のフェスイベント「K-ガールズ フェス」に登場し、韓国への“愛”をテーマにトークショーを行った。

 4月には「高橋愛の韓国本。」(講談社、1200円)を出版したばかりの高橋は、「韓国好きということで仕事ができるなんて」と大喜び。年に数回ほど渡韓するといい、「キャリーバッグの半分を空にして行きます。たくさん買って、大荷物で帰ってくる」と語った。

 キャリーバッグの半分を埋め尽くすほど購入するというショッピングの目的地は、日本にも昨年上陸した「スタイルナンダ(STYLENANDA)」だ。服も好きだというが、お目当ては韓国コスメライン「3CE」で、その魅力を「コスパがとてもいい。種類もどんどん増えて、進化している。私は茶系のリップが好きなのですが、『3CE』の茶系リップは全部買います!」と力説した。

 多くの韓国コスメを所有する高橋だが、コスメを選ぶポイントを問われると「価格も安く、失敗してもいいので、いろいろ試しています。私はBBクリームが好きでたくさん買いました。どれもいいものですが、自分に合うかどうかは使ってみないと分からない」と説明。そんな高橋が愛用するBBクリームは韓国コスメブランド「ミシャ(MISSHA)」だといい、「モーニング娘。時代から使っています。メンバーのジュンジュンが教えてくれたんですよ」と中国人メンバーとのエピソードを語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら