ファッション

インスタ映えするカップケーキ工場 「ジル バイ ジル スチュアート」が顧客ら600人を招待

 サンエー・ビーディーの「ジル バイ ジル スチュアート(JILL BY JILLSTUART)」は5月25日、ブランドデビュー10周年を記念した体験型イベント「スイート ファクトリー」を東京・神宮前の「トランク ホテル(TRUNK HOTEL)」で開催した。

 カップケーキ工場をイメージした会場では、インスタ映えを意識した風船や巨大なスイーツの模型、ブランドのバッグなどを装飾。来場客には着用しているコーディネートに合わせたカップケーキをプレゼントした。また、会場奥の部屋では2018-19年秋冬コレクションを展示し、顧客たちが一早く新作をチェックできるスペースを設け、予約販売や物販はなく、ゲストが無料で楽しめることを重視した。イベントの企画は、スープ専門店「スープストックトーキョー(Soup Stock Tokyo)」やセレクトリサイクルショップのパスザバトン(PASS THE BATON)などを手掛けるスマイルズが担当。招待客はブランドの顧客とプレス約600人で、当日ゲストが撮影した写真はSNS上で「#jillby10th」のハッシュタグで拡散された。

 髙花忠義「ジル バイ ジルスチュアート」事業部長は「いい服を作るだけでは売れない時代。お客さまが体験型のイベントを楽しみながら、ブランドの世界観を感じてもらいたいと企画した。一層、ブランドに親近感を持ってもらえたら」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら