ビジネス

独化粧品のバイヤスドルフが中国ECモール大手と提携 まずは「ニベア」を販売

 ドイツの化粧品メーカー、バイヤスドルフ(BEIERSDORF)は、中国オンラインモールのネットイース カオラ(NETEASE KAOLA以下、カオラ)とパートナーシップを締結した。これは、中国・アジアでの販売拡大に向け、同社が2017年にパートナーシップを結んだオンラインモールのJDドットコム(JD.com)とアリババ(ALIBABA)に次ぐ動きで、同地域でのEC事業をさらに強化するのが狙い。

 カオラは中国大手インターネット企業ネットイース(NETEASE)を親会社に持つ、輸入品を中心に扱うオンラインモールで、ユーザー数は9億人以上とされる。開設してわずか3年だが、中国での輸入品ブームの後押しを受けて2ケタ台後半の成長率を記録。短期間で急成長を遂げた。現在世界80カ国以上から約3000ブランドを扱い、日本、中国、ドイツ、アメリカ、イタリア、韓国、オーストラリアに、合わせて12の子会社を持つ。

 バイヤスドルフの成長にとってECはカギとなる事業で、同社の18年度のEC予想売上高は、国別売り上げのトップ5に入る勢いだ。同社はオンラインモールへの参加によって、中国での「ニベア」の売り上げが市場成長率を上回る勢いで伸びている。ゆくゆくはその他の同社傘下ブランドもカオラで販売する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。