ファッション

テーマごとに大変身の「カルティエ」六本木ヒルズブティックがデジタルなポップアップスタート

 「カルティエ(CARTIER)」は4月27日、六本木ヒルズのブティックでリニューアルしたメンズの基幹時計“サントス ドゥ カルティエ(SANTOS DE CARTIER)”のポップアップイベントをスタートした。5月31日まで。これまでにない体験の提供を目的に昨秋、ウェストウォークの2階にオープンした店舗は、テーマによってその姿を大きく変えた。

 店内では、「カルティエ」初の本格的なセレブリティ・アンバサダーに就任し“サントス ドゥ カルティエ”の顔を務めるジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)が主演する時計のためのショートムービーのワンシーンを思わせる雲を再現。カルティエの3代目ルイ・カルティエ(Louis Cartier)が1904年、飛行家のアルベルト・サントス・デュモン(Alberto Santos Dumont)に贈ったことから生まれた“サントス ドゥ カルティエ”のルーツもほうふつとさせる。

 壁面にはデジタル技術を使って、時代の先駆者だったアルベルトの精神や「カルティエ」の革新性などを紹介。アルベルトの設計による飛行機を思わせる展示のほか、AR(拡張現実)により彼のようにパリ上空に飛行機を飛ばす体験も楽しめ、写真撮影ができる。ポップアップをデジタルと絡めるのは、新生“サントス ドゥ カルティエ”をIT業界の若手実力者たちにも知って欲しいと願う「カルティエ」の意向を反映したものでもある。

 “サントス ドゥ カルティエ ウォッチ”は、インターチェンジャブル、つまり付け替えが簡単なベルトで販売中。67万2500円〜。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら