ファッション

ワコールがアメリカで初の直営店をオープン

 ワコール(WACOAL)はアメリカで初となる直営店をニュージャージー州のザ・モール・アット・ショート・ヒルズ(The Mall at Short Hills)内にオープンした。ワコールはこれまで、ブルーミングデールズ(BLOOMINGDALES)、ロード&テイラー(LORD & TAYLOR)、メイシーズ(MACY’S)などへの卸を中心にアメリカでの事業を拡大してきた。

 売り場面積は約180平方メートル。カップサイズはAからIまでを提供し、「ワコール(WACOAL)」や若者をメーンターゲットにしたライン「ビーテンプティッド(B. TEMPT’D)」をそろえる。ショップスタッフはiPadも用いて接客し、在庫がない場合でもオンラインで商品を注文できるという。

 ボブ・ヴィターレ(Bob Vitale)=ワコール アメリカ(WACOAL AMERICA)最高経営責任者(CEO)は「国際的にもオンラインでも成長しているが、われわれのメーンビジネスは店舗で顧客と接すること。多くの買い物客は百貨店の下着売り場で買わないというが、それはつまり多くの顧客がワコールに触れる機会がないということだ。直営店をオープンすることで、ブランドの認知度を高めたい。卸ビジネスから離れるのではなく、全体的にビジネスを拡大することが目標だ」と語る。

 ヴィターレCEOは、同社の2017年度の売上高は事業全体で5〜6%増で成長しており、さらなる新規店舗も検討していると明かす。特に成長が見込めるカテゴリーは、ストラップレスブラ、ブラレット、ノンワイヤーブラだという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら