ファッション
連載 目指せ未来のインフルエンサー

知らない人にも親近感が湧くインスタグラムの機能とは

 こんにちは。病院でもらった花粉症の薬が残り1週間分になり、焦っているコバヤシチスズです。桜が満開を迎え、今年初めてのお花見を明日するのですが早くも桜が散り始め、こちらも焦っています。

 さて、先週は49フォロワーを獲得することができました。正直、自分でこの数字を見て落ち込みました。今週はいそがしい期間も終わってやっと落ち着き、写真のクオリティーを保って自分が納得できるものを投稿していました。それに加え、1日300の「いいね」をつけに行くことにも取り組んでいました。なのに、どうして……。やみくもに300の「いいね」をこなすのではなく、「いいね」をつけるのは私のアカウントに興味を持ってくれそうなアカウントを選ぶ必要があったのではないかと思います。

 そこで考えました。私が「素敵だな」と思ってフォローしているアカウントのフォロワーに「いいね」をつけるのはどうだろう?アカウントを周りながらプロフィール画面を見ていると、「フォロー中:◯◯さん」と表示されることがあります。私がフォローしているアカウントが、他のアカウントをフォローしていることを示しています。例えばそのアカウントが鍵つきで投稿が見れなかったとしても、フォローしているアカウント名を見ると「この人は恐らく学校の人だな」とか「このグループに属している人だな」と予測でき、親近感が湧くと思います。これを利用して、自分がフォローしているアカウントのフォロワーに「いいね」を付ければ、気になってアカウントを見てくれる人が増えるのではないかと思いました。これは思いついたばかりの方法で、まだ結果が出ていませんが、効果に期待しています。

 今週の映画は「アメリ」。先週紹介した「The Shape of Water」を観て愛の形や映像美の観点でふと思い出したのがこの映画でした。フランス映画は時間を見つけて、ゆっくり観たいですよね。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BhBpJuxAL5s/"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。