フォーカス

知らない人にも親近感が湧くインスタグラムの機能とは

 こんにちは。病院でもらった花粉症の薬が残り1週間分になり、焦っているコバヤシチスズです。桜が満開を迎え、今年初めてのお花見を明日するのですが早くも桜が散り始め、こちらも焦っています。

 さて、先週は49フォロワーを獲得することができました。正直、自分でこの数字を見て落ち込みました。今週はいそがしい期間も終わってやっと落ち着き、写真のクオリティーを保って自分が納得できるものを投稿していました。それに加え、1日300の「いいね」をつけに行くことにも取り組んでいました。なのに、どうして……。やみくもに300の「いいね」をこなすのではなく、「いいね」をつけるのは私のアカウントに興味を持ってくれそうなアカウントを選ぶ必要があったのではないかと思います。

 そこで考えました。私が「素敵だな」と思ってフォローしているアカウントのフォロワーに「いいね」をつけるのはどうだろう?アカウントを周りながらプロフィール画面を見ていると、「フォロー中:◯◯さん」と表示されることがあります。私がフォローしているアカウントが、他のアカウントをフォローしていることを示しています。例えばそのアカウントが鍵つきで投稿が見れなかったとしても、フォローしているアカウント名を見ると「この人は恐らく学校の人だな」とか「このグループに属している人だな」と予測でき、親近感が湧くと思います。これを利用して、自分がフォローしているアカウントのフォロワーに「いいね」を付ければ、気になってアカウントを見てくれる人が増えるのではないかと思いました。これは思いついたばかりの方法で、まだ結果が出ていませんが、効果に期待しています。

 今週の映画は「アメリ」。先週紹介した「The Shape of Water」を観て愛の形や映像美の観点でふと思い出したのがこの映画でした。フランス映画は時間を見つけて、ゆっくり観たいですよね。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BhBpJuxAL5s/"]

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら