フォーカス

知らない人にも親近感が湧くインスタグラムの機能とは

 こんにちは。病院でもらった花粉症の薬が残り1週間分になり、焦っているコバヤシチスズです。桜が満開を迎え、今年初めてのお花見を明日するのですが早くも桜が散り始め、こちらも焦っています。

 さて、先週は49フォロワーを獲得することができました。正直、自分でこの数字を見て落ち込みました。今週はいそがしい期間も終わってやっと落ち着き、写真のクオリティーを保って自分が納得できるものを投稿していました。それに加え、1日300の「いいね」をつけに行くことにも取り組んでいました。なのに、どうして……。やみくもに300の「いいね」をこなすのではなく、「いいね」をつけるのは私のアカウントに興味を持ってくれそうなアカウントを選ぶ必要があったのではないかと思います。

 そこで考えました。私が「素敵だな」と思ってフォローしているアカウントのフォロワーに「いいね」をつけるのはどうだろう?アカウントを周りながらプロフィール画面を見ていると、「フォロー中:◯◯さん」と表示されることがあります。私がフォローしているアカウントが、他のアカウントをフォローしていることを示しています。例えばそのアカウントが鍵つきで投稿が見れなかったとしても、フォローしているアカウント名を見ると「この人は恐らく学校の人だな」とか「このグループに属している人だな」と予測でき、親近感が湧くと思います。これを利用して、自分がフォローしているアカウントのフォロワーに「いいね」を付ければ、気になってアカウントを見てくれる人が増えるのではないかと思いました。これは思いついたばかりの方法で、まだ結果が出ていませんが、効果に期待しています。

 今週の映画は「アメリ」。先週紹介した「The Shape of Water」を観て愛の形や映像美の観点でふと思い出したのがこの映画でした。フランス映画は時間を見つけて、ゆっくり観たいですよね。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BhBpJuxAL5s/"]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら