特集・連載

デジタル世界にアナログの味 インスタグラムで「手書き投稿」がブームに

 こんにちは。連日の雨で花粉症の症状が少し治まり、平和な日々を送っているコバヤシチスズです。

  さて、今日は1カ月以上投稿を続けている中でも最も反応の良かった投稿についての話をします。最近なんだか、手書きの文字を投稿している人をよく見かけませんか?ポエムや偉人の言葉などをきれいな文字でつづる人や、その日のできごとや恋愛模様なんかを書いている人も見かけることがあります。ハッシュタグ「#手書きツイート」がついた投稿は52万件以上にものぼります。「わざわざ文字を手書きするなんて、手間のかかることをする人もいるんだなあ」と思っていたのですが、手書きの投稿ってとても反応がよいのです。

 私が手書きの投稿を始めたのはつい最近。それも、自分から始めたのではなく、この企画でご指導いただいているリデルの方に勧めていただいたことがきっかけでした。初めは「わざわざ書くのもどうかなぁ」と思い、自分がそれまで記録していた本のリストアップのメモを載せてみました。

 載せてから気付いたのですが、タイトルが間違っている作品があります。これだからメモ書きって恐ろしいですよね。そしてさらに驚いたのは、この投稿が今まで載せた投稿の中で一番反応がよかったということ。これは数値として結果にも表れています。そのおかげで、1週間で72フォロワーを獲得しました。是非皆さんも手書きにトライしてみてください。

 そして今週おすすめの映画は、久しぶりにスクリーンで観た作品です。「The Shape Of Water」、私が今まで観た映画の中で最も美しい作品でした。愛の形、描写、映像、音楽とどれを取っても最高でした。何回でも観たいし、絶対に手元に置いておきたいので、これはブルーレイを買ってしまうと思います。まだ観ていない方、映画館へ急げ!

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BglG78lFNUj/"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら