フォーカス

フォロワー数じゃ測れない存在 そもそも“インフルエンサー”ってなんだろう

 こんにちは、梶川千恵です。私はインフルエンサーを目指してインスタグラムに投稿し続けているのですが、そもそも「インフルエンサー」って何なのでしょうか?

 辞書を引くと「他者や一般社会に大きな影響力を及ぼす人や事物のこと」とあります。直訳してもそうであるように「影響力」が大きなキーワードのようです。自分もそういった存在になるために1万フォロワーを目指しているわけですが、ただフォロワーが多ければいいかというと、ちょっと違うようです。

 アカウントを運営していて気づいたことは、ある程度までならフォロワーを増やすことはさほど難しくないということです。ただしそれは、フォローしてくれる人が誰でも良い場合。なぜなら、インスタグラムの中にはフォロワーを増やしたいアカウントが溢れていて、全く興味や関連性のないアカウントでも、とりあえず相互フォローになればお互い「フォロワーを増やした」という目的を果たし、win-winになるからです。しかしそういうアカウントは、私のアカウントに興味があるわけではないので、その後も投稿を見てくれることはありません。「影響力」には全くなっていないのです。

 それは数字としてエンゲージメント率に如実に表れます。エンゲージメント率とは、投稿に対する「いいね」やコメントの数から反応率を割り出したもので、「影響力」の目安になります。インフルエンサーを雇う企業には、最近はフォロワー数よりもエンゲージメント率を重視する企業も多いそうです。

 インフルエンサーになりたいのなら、やみくもにフォロワーを増やすのではなく、自分に本当に興味を持ち、共感してくれる「仲間」となるようなフォロワーをコツコツ増やすことが重要なのだと感じました。今週は1週間で95フォロワー増の640フォロワーまで伸ばすことができました。

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BgRGqebFXsu/"]

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら