フォーカス

「SNSで自分の道を切り開く」私がインフルエンサーになりたい理由

 こんにちは、梶川千恵です。今日は、「なぜ私がインフルエンサーになりたいのか?」について、お話をさせて頂きます。

 それはズバリ、SNSには「自分の手で切り拓ける可能性が無限にある」と感じたからです。近年、インスタグラム等のSNSを通じて影響力を持つインフルエンサーが多くいますよね。土台がないところから、自分の手で道を切り拓いていく彼らの姿が、すごくかっこいいと思ったんです。

 そう思うキッカケになったひとつがこの本「SNSで夢を叶える」です。著者のゆうこすこと菅本裕子さんは、以前HKT48に所属していました。アイドルを辞めてニートを経験した後に、SNSから人気に火がついて、今やタレントやモデル、クリエイターなどさまざまな面で活躍されています。私が特にビビッときたのがインスタグラムについて書かれているページでした。彼女もMEGBABYさんやGENKINGさんなどのインフルエンサーを見て、「自分のやり方次第で無限の可能性があるんだ」と感じたと語っています。インスタグラムを“自分のキュレーションサイト”と定義して好きなものを詰め込んだ彼女のアカウントには、今では34万のフォロワーがついています。

 私もモデルをしていて諦めた経験があったけど、こんなに自己発信ができる時代に、役職のついた特定の“誰か”に認められないからって諦める必要があるんだろうか?今までは特定の“誰か”に認められないとどこにも行けないと思っていたけれど、自己発信次第で道を拓ける可能性があるなら、私も自分の手で自分の道を切り拓きたい。そう思ったんです。そのために自己表現する力と発信する力、そしてそれをするに相応しい中身を持った人間になりたいです。 この企画をやりながら、自分を確立していきたいと思っています。

 今週は60フォロワー増の785。自分からのフォローを抑えた為に伸びの悪い結果になってしまいました。来週は挽回していきたいです!

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BgtB3i9gZrE/"]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら